コラーゲンを増やす化粧品でシワ予防

真皮のシワは、今までは戻っていた表情ジワが加齢とともに元に戻らなくなって深くなってしまったものです。

 

その原因はコラーゲン線維などが弾力を失ったためと言われています。

 

ただこれは、加齢だけではなく、紫外線なども大きな要因となっているようです。

 

その対策としては、コラーゲンの量を増やす作用があるレチノールやビタミンC誘導体などを配合した化粧品を取り入れる事をお勧めします。

 

レチノールやビタミンC誘導体などを配合した化粧品は、シワだけでなく、たるみなどにも効果的と言われていますので、是非一本持っておかれる事をお勧めします。

 

もちろん、別に紫外線対策、UVカットも気を抜かずに万全にしましょう!

 

シワは一度出来てしまうと完全に消すのはかなり難しいです。

 

そうならないためにも、今あるシワのケア、そして、今後のためのシワ予防もしっかりと対策していくようにしましょう。

 

 

首のシワは老化、加齢のせいだけではありません。

顔のシワと同じく、とても気になるのが首のシワ。

 

そんな首の横ジワを気にして、首にこれでもかとクリームなどをたっぷり塗っている方も多いと思います。

 

実はあまり意味がないそうです。

 

首のシワは骨格が原因であることが多く、具体的には、頸椎という首の骨、それに沿っている軟骨などのデコボコによってシワができやすいそうです。

 

ですので、マッサージなどで引っ張ると余計にシワになりやすいので注意が必要です。

 

 

シワに有効な成分

シワに有効な成分にはこのようなものがあります。

 

◆ビタミンC誘導体
美白作用もあり。ニキビの炎症を抑えるのにも役立ちます。

 

◆レチノール
ビタミンAの一種で、もともと人間の体内に存在するもの。線維芽細胞に働きかけて真皮のコラーゲンを増やす作用があります。やや刺激が強いので注意が必要です。

 

◆AHA
ピーリングコスメに配合されている成分。グリコール酸、乳酸、フルーツ酸などがこれにあたります。石鹸タイプが使いやすく、最初は週1〜2回、慣れてきたら徐々に回数を増やしていくのがお勧めです。

 

◆ナイアシン(ビタミンB3)
肌代謝を活性化して、肌にハリを出すと言われています。刺激が少ないので肌が弱めでアンチエイジング化粧品を試してみたいという方にお勧めです。

 

◆抗酸化成分(油溶性甘草エキス、オウゴンエキス、各種植物ポリフェノールなど)
抗酸化成分には植物エキスが用いられる事が多いです。

 

 

参考:

素肌美人になれる正しいスキンケア事典 3人の専門家が教える、基礎知識完全バイブル [ 吉木伸子 ]

 

 

トップへ戻る